原点 -zero origin arita-

CONCEPT

”ZOA”コンセプト

有田焼400年の長い歴史の中で、陶工達はそれぞれの時代の技術を最大限に生かしながら、また絵付職人達は自らの絵付の腕とセンスを磨きながら色んな意匠を生み出し数多くの名品を作り出して来ました。400年を経ようとする現在、成形や絵付技法は進化し世界あちこちで色んな陶磁器が作られていますが、器作りにおける潜在的な総合力は世界ナンバーワン、オンリーワンの産地と言えます。

ZOA (zero origin arita)のzero origin -ゼロ オリジン-とは原点のこと、古伊万里をお手本に物作りの原点に立ち返りたいと願いながら、長い歴史の中で育まれ伝承された職人技に新しい加飾の技法をプラスした「粋」で「モダン」な美しい有田焼を提案いたします。

About ZOA

”ZOA”について

ZOA プライム(Prime)

17世紀半ば頃のいわゆる初期伊万里と言われる有田焼古陶磁の絵柄を中心に現在の絵付職人が描き上げた総手描きの「ZOAプライム(Prime)」

ZOA デイリー(Daily)

モダン+アート感覚+コスト性を意識して意匠をデフォルメ、パット印刷製法を用いた「ZOA デイリー(Daily)」

ZOAの銘

ZOAの銘にある”0”の中のデザインは、有田磁器の原点、『泉山磁石場』の”泉”を漢字であしらいました。そんなZOA (zero origin arita -ゼロ オリジン アリタ-)の銘には2016年に有田焼創業400年を迎えるに当たり、もう一度”原点”に立ち返りモノづくりに真摯に取り組む決意が込められています。

7寸皿 / 4.5寸皿

初期伊万里の名品には、直径20cm前後の丸皿で、縁に1cm幅位のリム付のものが多く見受けられます。当時の有田の陶工達にとって7寸皿は基本形状であり、思いの意匠を自由に施すキャンバスだったのかもしれません。
この7寸皿を元に、現代の生活でも使い易いように新たに形状を開発しました。14cm前後の4.5寸の小皿も初期伊万里にはよく見かけます。4.5寸皿も同様に5mmのリムで深みを持たせた形状、取皿にはちょうど良く使用頻度も高い、和食器の必須アイテムです。

ボウル

煮物や鍋、シチューにスープ。日々の食卓の中で使用頻度の高い取鉢やボウル。ZOAのコンセプトを踏襲しながらも、洋のテイストも備えたボウルを作りました。
高さを抑えゆったりとした広さのボウルはスプーンも使い易く、和食洋食を問わないオールラウンドな器になっています。渕に入れたカットが器にシャープさを加え、個性的な4つの柄と相まって、食卓を彩ります。

カップ

江戸時代中期より、酒や蕎麦の器として使われてきた猪口。使い易い形状もさることながら絵柄の豊富さも多岐にわたり、染付や錦で彩られた猪口は人気の器でした。
ZOAではその中でも蕎麦猪口の形に注目し、新しいカップを作りました。少し高めの形状はスタイリッシュで女性でも持ちやすい大きさ。お茶やコーヒーもたっぷり入り、午後のティータイムにぴったりです。

カタログダウンロードをコチラから→

PV

”ZOA” ユーズ&メイキングムービー